3度の飯より機械が好き!
懐かしいあの味を!
学校給食でお馴染みのアップルシャーベットのネット販売を始めました。給食を思い出していただけるようパッケージにもこだわってみました。
改善活動
全社で取り組んでいることの一つに改善活動があります。それぞれの業務での効率やコストについての改善提案が出されます。
スキルアップのために!
自己啓発の一環として、通信教育を全額会社負担で行っています。この通信教育を利用して、資格取得をする人も。
お子様の笑顔のために。
小麦・卵・乳不使用のケーキを作りました。先日アレルギーをお持ちの保護者様からうれしいお便りをいただき、私達はやりがいをいただきました。
問題点は自分達の手で
自分達の弱い部分をテーマに、グループワークを行います。普段おとなしい人もリーダー性を発揮することも。

トーニチ株式会社

3度の飯より機械が好き!

食品製造業界では今や機械がなくてはならない存在になっています。
機械操作と手作業での工程を経て初めて製品が誕生します!
機械操作やメンテナンスは食品工場のなくてはならない仕事になってきています!
しかし食品工場=機械という結びつきが薄い為か機械好きが不足しています。

機械が好きな方、一度当社を見学して食品工場にも興味が出るかもしれませんよ!

設立1962年
資本金3600万円
代表者名代表取締役社長   岸 秀樹
売上高32億7800万円(2017年3月実績)
従業員数全体83人 (2018年10月実績) (男:52人/女:31人)
平均年齢36.7歳
株式公開非公開
事業内容【自社ブランド事業】
冷凍デザートを中心とした弊社商品を全国の学校給食を中心に病院食・外食等の業務用事業を中心に展開しております。

【OEMブランド事業】
お客様のニーズに答えた、開発提案から商品化まで対応しております。

【ネットショップ事業】
2017年の8月より、弊社商品「アップルシャーベット」のネット販売を開始しております。

事業所【本社】
福島県福島市瀬上町
グループ会社・関連会社なし
沿 革1962年
東日本冷蔵株式会社設立(冷蔵倉庫業として創業)
1970年
冷凍食品工場建設 冷凍野菜生産開始 冷凍食品販売開始 宅配業務・食材及び器材販売、病院給食食材販売
1976年
排水公害処理施設完成
1981年
アップルシャーベット販売開始
1983年
東北各県学校給食会取引開始、自動充填シール機新設、OEM生産開始以後拡大
1986年
関東各県学校給食会取引開始
1988年
関西・中四国・九州地区商品展開
1989年
関連会社福島低温物流協同組合設立
1990年
トンネルフリーザー完成
1991年
ピロー包装機新設
1992年
自動充填シール機新設
1994年
パウチ充填機設置
1999年
福島市瀬上町に新工場竣工、東日本冷蔵(株)の商号を変更し、トーニチ株式会社に変更
2002年
市販用(生協関係)商品展開
2003年
コージェネレーション設備完成、ゼリー2列4列充填機設置
2005年
アイスライン冷却プレート増設
2007年
X線装置導入
2008年
二層ライン冷却装置 搬送ライン増設
2013年
ムース生産設備導入
2016年
焼成工場増設
月平均所定外労働時間
(前年度実績)
29.2時間(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)女性:4名
前年度の育児休業取得者数(男女別)女性:4名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合13%(16人中女性2名)

挨拶

代表取締役社長 岸秀樹
代表取締役社長 岸秀樹

私たちの Vision

企業理念
・あらゆる食品の企画開発を行い、地元の食文化の向上と、健康で快適な生活作りに貢献する
・食材の提供を通して、21世紀を担う人々の未来に夢と、希望を与えられる企業を目指す

この2つを掲げさせていただいております。現状に満足することなく、常に新しい事業にチャレンジし、『お客様とお取引先様』・『従業員とご家族』・『地域社会』より必要とされる企業を目指してまいります。
これからも『食生活にやさしさと豊かさを提供する企業』として品質向上を図りお客様に『安心・安全とおいしさ』をお届する、トーニチ株式会社を宜しくお願いいたします。


ライン自動化

機械の動作確認を行っています。
機械の動作確認を行っています。

食品工場は主が機械になってきてます!

現在の食品工場では機械を導入し、自動化が進んできています。昔は一つ一つ作業員が手作業で箱詰めしていた場所も自動化され作業時間削減にもつながりました。しかし、機械が自分でメンテナンスを行うことは出来ません。機械に異常がないか確認するのが社員の役割となり、手作業で行って居た時よりも専門的な知識が必要となってきています!


新規事業

トーニチ株式会社
生地を混ぜ合わせる風景

新たな商品づくりへの挑戦!

一昨年より、クリスマス・入学・卒業のお祝いに提供するケーキを自社工場で製造するため、焼成ラインを増設致しました。乳・卵・小麦によるアレルギーのお子様にも喜んで頂けるようなケーキの開発も行いました。初めは、なかなかうまくいかず試作を何度も繰り返し、ようやく自分たちも納得のいく商品を作ることが出来ました。

採用情報は現在非公開中です。

インターンシップ/会社説明会情報は現在非公開中です。

2018年4月に入社しました!


阿部 望美 2018年入社
出身校:桜の聖母短期大学 キャリア教養学科  
役職:製造部 生産管理課

■現在の仕事内容
現在は、製造になくてはならない原材料の購買業務を担当しています。
生産予定に合わせて、発注すべき適切な数量と入荷時期を判断し手配します。家庭用の調味料とは違って、種類と量がとても多い為大変ですが、知れば知るほど面白い仕事です。
プレッシャーはありますが、自分の判断に責任を持つ事・先のことを考えリスクマネジメントする事等、身につくことが多いです。上司や先輩方にサポートして頂けるので、安心して楽しく働けています!
■ この会社に決めた理由
皆さんは、学校給食でどんなデザートを食べていたか覚えていますか?
フタを開けるとゼリーの中に浮かぶ満月や星、暑い夏に食べるアップルシャーベットの味。大人になった今でも、あの頃のわくわくは忘れていません。
トーニチという会社を知ってから、今度は自分が食べる「楽しさ」「美味しさ」を届ける立場になりたいと思いました。就職活動中に参加したインターンシップで、工場現場を目で見て肌で感じた時に「この会社で働く!」という目標が出来た事が、入社のきっかけです。
■ 入社してから今までで印象に残っていること
私は入社してから半年間は、現場で原材料の計量と在庫管理の仕事をしていました。
実際に原材料を扱う経験が、今の購買業務にも役立っています。
食品工場の機械や設備に関する知識はゼロからのスタートでしたが、先輩方から詳しく説明もらえたことで少しずつ知識が増えていきました。新しいことを覚えたり、出来る事が増えたりすると本当にうれしかったです!
現場は毎日が実践の場なので、自分の成長を特に実感しやすいですよ。
■この仕事のやりがい
自分たちの仕事の先に、お客様がいることを考えて仕事をしています。
「どのようは製品が喜んでもらえるのか」「満足してもらえるのか」・・・。
出来上がった製品は、社員みんなの努力が一つになったものです。みんなの手でつくった製品を、一人でも多くのお客様に召し上がってもらいたいし、それをきっかけにトーニチという会社を知ってもらえたら嬉しいです。
努力が目に見える結果に繋がることが、製造業のやりがいや面白さだと思っています。
■就職活動の皆さんへメッセージ
社会人になると、当然ながら「仕事」が中心の生活となります。
だからこそ、自分が生き生きと働けるかがとても大切なポイントだと私は思っています!
どんなことをしている時に、自分がわくわくするか思い出してみてください。
息抜きも重要です!忙しいスケジュールの中にリフレッシュする時間を作ることは、社会人になった時にも役に立ちます。 皆さんと一緒にトーニチを盛り上げていけることを楽しみにしています!

お問い合わせ

お問い合わせ・
連絡先
トーニチ株式会社
〒960-0101 福島県 福島市 瀬上町字新田中通1-3
TEL:024-552-2161   100038@tohnichi-web.co.jp
担当管理部 総務課/課長 氏田 晶子
最寄り駅・阿武隈急行『瀬上駅』より徒歩10分

会社地図

関連記事

  1. 東開工業株式会社

  2. shibuyarex

    渋谷レックス株式会社

  3. 株式会社おおつか1

    株式会社おおつか【ギフトプラザ】

  4. 福島県土地改良事業団体連合会1

    福島県土地改良事業団体連合会

  5. 株式会社ダイユーエイト

  6. 株式会社福島製作所

  7. 日産自動車

    福島日産自動車株式会社

  8. 三栄精機製作所

    株式会社三栄精機製作所

  9. こころネット株式会社

    こころネット株式会社【グループ募集:JASDAQスタンダード上場】