小さな雑貨商から福島、そして茨城エリアで売上高800億円の地元を代表する企業に
.
.
【新入社員研修】社会人としての基礎とスーパーマーケットで働く心構えをしっかり教育します!

株式会社マルト

田舎町の小さな雑貨商から始まりました。お客様のニーズに従ってスーパーマーケットに転身し、お客様に選ばれて成長してきました。「商売とは、心からありがとうと言ってくださるお客様という名の友人をつくること」という社是の通り、常にお客様第一主義。お客様に喜ばれる仕事をし続けていれば売上は上がるはずだと考え、その姿勢を貫いてきました。売上とはお客様からの信頼料。その一方で、お客様のお役に立つ店であるためには、きちんと利益を上げ、健全に成長していくことも必要だと思います。「私たちの進歩向上によって会社の発展が得られ、会社の発展によって私たちの幸福が得られる」。これが当社の社訓です。会社を発展させ、よりよいサービスをご提供することによってお客様の幸せを育てるのが私たちの目的であり、経営の基本理念となっています。

設立1964年
資本金2億6600万円
代表者名代表取締役社長   安島 浩司
売上高845億円(2018年3月実績)
従業員数全体2300人 (2018年3月実績) (男:800人/女:1500人)
平均年齢39.7歳
株式公開非公開
事業内容生鮮食品・加工食品・雑貨・衣料・一般薬品の販売・調剤薬局
事業所食品スーパーマーケット37店舗
(福島県いわき市内=24店、茨城県日立市内=7店、茨城県北茨城市1店、茨城県那珂市1店、茨城県ひたちなか市2店茨城県水戸市2店)
グループ会社・関連会社株式会社マルト
株式会社マルト商事
株式会社マルトグループホールディングス
株式会社マルト丸光
株式会社くすりのマルト[薬剤・調剤薬局部門]
株式会社ファミリー[衣料部門]
株式会社ハロー
株式会社光惣菜センター
沿 革現会長の祖父が雑貨店を創業
1955年
現会長、経営を引き継ぐ
1964年
駅前店をスーパーマーケットに改装開店 10月株式会社マルト設立
1976年
株式会社マルト丸光設立
1977年
本部機構を分離し、株式会社マルト商事設立
1983年
株式会社くすりのマルト設立
1984年
株式会社ファミリー設立
1991年
ショッピングセンター中岡開店
1998年
スーパーマーケット茨城県1号店(東金沢店)開店
2001年
ショッピングセンター草野開店、社長継承交代 安島祐司 会長就任・安島浩司 社長就任
2003年
ショッピングセンター滑川(日立)開店
2004年
ショッピングセンター君ヵ塚開店
2005年
株式会社マルトグループホールディングス設立
2006年
玉川店開店
2007年
マルト新惣菜工場稼動、ショッピングセンター森山、ショッピングセンター磯原開店
2008年
ショッピングセンター那珂開店
2009年
ショッピングセンター笠原、ショッピングセンター田尻、ショッピングセンター平沢開店
2010年
株式会社光惣菜センター設立
2011年
四倉店 リニューアル開店
2012年
窪田店 リニューアル開店
月平均所定外労働時間
(前年度実績)
13.9年
平均有給休暇取得日数
(前年度実績)
5.2日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)男(対象者15名)
女(対象者8名)
前年度の育児休業取得者数(男女別)男性取得者 0名
女性取得者 8名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合役員13%  管理職9%

当社の強み

株式会社マルト
マルトは地元いわきで、トップクラスのシェアを誇るスーパーマーケット

「地元にしっかり根を張っていること」が、当社の強みです
特に青果・鮮魚・精肉の生鮮三品は、新鮮さ・品質の確かさ・価格の安さで定評があります
理由は、いわき中央市場内に事務所を置き、見極めた品物を仕入れているからです
また地域の行事や催事に合わせ、素材の調理法を提供
福島県から「仕事と生活の調和」推進企業の認定も受けています


経営理念

株式会社マルト
「幸せを創造する企業づくり」を目指します。

当社は、「幸せを創造する企業づくり」を経営理念に掲げています。「マルトで働くことで、社員一人ひとりが幸せをさらに高めることができ、マルトの提供する商品やサービスによって、社会の人たちがその幸せを増大させることができる企業をつくること」を目指しているのです。その実現に向けて企業活動を行っていくことが私たちの使命。そして、「お客様の満足度を高める経営」「従業員の満足度を高める経営」「お取引先様の発展を願う経営」「地域社会の豊かさに貢献する経営」「安全性・健全性を高める経営」の5つのテーマのもと、つねに「店はお客様のためにある」という気持ちを持ち続けます。


経営戦略

株式会社マルト
「若者応援企業」認定を受けました!

県外への出店を進め、2020年度の売上高1,000億円を目指します!

私たちは、「商売とは、心からありがとうと言ってくださるお客様という名の友人をつくること」という社是のもと、お客様に支持されるスーパーマーケットを目指しています。福島県いわき市を拠点に、常磐線沿線にドミナント戦略で出店を推進。現在、いわき市に24店舗、茨城県日立市に6店舗、北茨城市に1店舗、那珂市に1店舗、ひたちなか市に2店舗、水戸市に2店舗、計36店舗を展開しています。今後は茨城県日立市に福島県いわき市と同じ体制を構築し、水戸エリアへの出店を強化したいと考えています。2020年度に売上高1,000億円を目指しているのです。「マルトでなくては」――こうお客様に言っていただける店づくりを目指して、さらに努力を重ねていきます。

採用情報は現在非公開中です。

インターンシップ/会社説明会情報は現在非公開中です。

背伸びをしなくていい、自然体の自分でいられる場所


高木 綾 2018年入社
出身校:昭和女子大学  

■現在の仕事内容
 今年4月より、株式会社マルトに入社し3か月が経過しました。 現在は、マルト城東店のドライ部門に配属を受け、日々奮闘中です。 入社当初は品出しから始まり、現在ではパンの発注などを担当しています。
はじめのうちは上手くいかず、悩んでいることも多々ありましたが担当主任よりマルトが蓄積してきたデータベースの活用法を教えていただき、自分が発注した個数や売れ行きの比較などを行なうことで業務の効率を上げることが出来るようになってきました。
■ この会社に決めた理由
生まれ育ったこのいわきにUターン就職で帰り、自分らしい生活が出来ていると思います。
Uターン就職を決めることはそんなに難しい事ではありませんでした。 東京に住んでいると、福島の情報が少ないと思いがちですが、私はUターンを支援してくれるサイトや相談を受けてくれる場所等を活用しました。 意外とたくさんあるので、Uターン就職を考えている人は上手に利用することをお勧めします!
■ 地元就職の良さ
地元就職を実現して数ヶ月、学生時代の自分が背伸びしていたことを強く感じました。
いわきに帰ってきて自然体でいられる実感があります。
休日などは、実家の畑仕事の手伝いをしたり、収穫した野菜などで料理をしたりと、プライベートも楽しんでいます。
まだ入社して数ヶ月ということもありますので、仕事に慣れていくことを前提にしながらプライベートの充実も果たしていきたいと思います。

お問い合わせ

お問い合わせ・
連絡先
株式会社マルト本部
〒979-0195 福島県 いわき市 勿来町窪田十条3番1
TEL:0246-65-1522   yuk.endo@maruto-gp.co.jp
担当採用教育部/遠藤 祐喜
最寄り駅JR常磐線勿来駅

会社地図

関連記事

  1. 大久自動車販売1

    大久自動車販売株式会社

  2. shibuyarex

    渋谷レックス株式会社

  3. 有限会社吉川屋

    有限会社吉川屋

  4. 株式会社み・らいとコンサルティング

    株式会社み・らいとコンサルティング

  5. いちい1

    株式会社いちい

  6. つばめグループ(株式会社中原商事)

    つばめグループ(株式会社中原商事)

  7. 株式会社ヒューコム

  8. 株式会社おおつか1

    株式会社おおつか【ギフトプラザ】