”あかるく” ”のびのび ”おもしろく”

福島日産自動車株式会社

  • 若い社員が多いので明るい雰囲気です。
  • のびのびと仕事ができます。
  • 個人の特徴や適性を生かした配属で、 おもしろい仕事が できます。

なんだかサークル活動の標語みたいですが、実は、仕事をしていくうえでの心得みたいなものです。
どうせ仕事をするなら明るい環境で適性に会った業務に就いて、能力を伸ばすことが出来たらどんなにすばらしい事だろうか。そんな理想に基づいての考えです。もちろん営利企業の宿命として利潤を追求していかなくてはなりませんが、その元気は、この3つから生れてくるものです。

明るいのは、若い社員が多いせいかと思います。のびのびと仕事ができるのは社風のせいかもしれません。また、おもしろい仕事ができるのは、個人の特徴や適性を生かした配属で、相互理解が得られているせいかもしれません。
これからは、ますます創造力や洞察力、そして行動力を必要とする時代といえます。そんな感性や感覚で仲間に刺激を与え、企業の発展に寄与貢献できるような社員は、これからも当社をもっと明るくのびのび、おもしろくしてくれるものと思います。

設立1938年
資本金8730万円
代表者名代表取締役社長   金子 與志人
売上高217億4469万円(2018年9月実績)
従業員数全体647人 (2019年3月実績) (男:514人/女:133人)
平均年齢33.6歳
株式公開非公開
事業内容1.日産自動車で生産される新型車の販売 
2.各種ユーズドカーの販売
3.車検・法定点検・一般整備
4.前号の事業に関連する自動車用品・部品・オイル等の販売
5.自動車損害保険・クレジット、JAF代理業務
事業所本社(福島市北町)
◆ほか県内54店舗(ユーカーズ(中古車販売店)12店舗含む)で営業展開しております。
※富岡店は現在営業を休止しております。
月平均所定外労働時間
(前年度実績)
8.4時間
平均有給休暇取得日数
(前年度実績)
2日
前年度の育児休業取得対象者数
(男女別)
女性4名
前年度の育児休業取得者数
(男女別)
女性4名

◆事業内容◆

福島日産自動車
私たちの仕事とは?

クルマはもはや単なる移動手段ではなく、走ることの楽しさを実感するものとして、またプライベートやレジャーを楽しむスペースとして、生活の一部に溶け込んでいます。

クルマによって楽しくなる生活、日産はそれをカーライフと呼びます。

人それぞれ異なるカーライフの数だけ、それぞれ異なるクルマ物語があります。走りの楽しさを追及する人。毎日の使いやすさを考える人。アウトドアやスポーツを楽しみたい人。より自分らしく生きることに価値をもっている人が、その価値観に応じてクルマを選ぶ時代になりました。

それぞれの地域に密着して、一人ひとりに豊かなカーライフを提供していくこと、これが私たち日産の販売会社の仕事です。


◆キャリアプラン◆

福島日産自動車
自分を磨き、豊かな潜在能力を発掘しよう!

お客様との信頼を築いていくためには、まず自分を磨かなければなりません。その結果、良い成果を上げたり、良いサービスを提供できる人はその結果に見合ったポジションへとキャリアアップします。そんな1人ひとりの頑張りを制度面でサポートするのが、日産独自の充実した研修制度です。

入社時の「新入社員研修」、各販売会社で先輩達が実践に即した指導をおこなう「職場内教育」、キャリアにあわせてさまざまな講座が用意されている日産ビジネスカレッジでの「集合教育」など、各部門でキャリアにあわせてきめ細やかな研修を行なっています。

採用情報は現在非公開中です。

インターンシップ/会社説明会情報は現在非公開中です。

今覚えている一つ一つの知識が、いつか花開き会社の基盤となっていく


岩佐瑠偉 2017年入社
出身校:若松商業高校/神奈川大学  

■この会社に決めた理由
 元々、県外の大学に進学した時から地元に戻って働きたいと考えていました。また、環境問題…特にエネルギー問題に興味を抱いていたこともあり、大学のゼミでは環境問題について学んでいました。その流れで日産のリーフを知ることとなり、就活時の私の関心は日産サティオ福島へ。それが、私がサティオに入社するまでの最初のきっかけです。
 社員となった現在では、自社商品のリーフを広めることで、環境問題改善の一助になりたいと考えています。冒頭でも述べましたが、リーフを知っていただくためには、実際に使用してお客様の生活環境がどのように良くなるのかを伝えていかなければと思っています。説得力を持たせるために、関連する知識を蓄え、お客様との会話に盛り込めるよう努力しています。
■ この仕事のやりがい
 日産のリーフをはじめとしたクルマの「電動化」、自動運転などを試みているクルマの「知能化」。今挙げた二つは自社のブランドを成り立たせている最先端の技術であると認識しています。まだまだ認知度が十分とは言い難いため、より多くのお客様に知っていただけるように広め、育てていきたいと考えています。そのための方法として、お客様の日常生活の中において日産ブランドが活きる場面、より便利で快適になる場面を想定し、お客様との会話に盛り込むようにしています。
■ 今はまだ力不足でも、いずれ主戦力となるために
 クルマや日々の業務についてはもちろんですが、何よりもお客様との関係性について先輩からアドバイスを受けました。お客様にとって身近な存在であることが、サティオの持ち味で大切なことである…その教えが、サティオのブランドを構築する要素の一つなのではないかと考えます。
 入社一年目の私は、まだまだ自社ブランドの一端を担えるような存在ではありませんが、若手として店舗の雰囲気を盛り上げていけるようにしています。また、お客様との信頼関係を築いていけるような頼れる存在になるよう常に心掛けています。

お問い合わせ

お問い合わせ・
連絡先
福島日産自動車株式会社
〒960-8102   福島県 福島市 北町2番32号
TEL:024-523-2111   NFS164841@fukushima-nissan.co.jp
担当採用育成部/部長 藤田 正之
最寄り駅JR福島駅

会社地図

関連記事

  1. 三宅新聞店店舗外観

    株式会社三宅新聞店

  2. shibuyarex

    渋谷レックス株式会社

  3. 三栄精機製作所

    株式会社三栄精機製作所

  4. 株式会社み・らいとコンサルティング

    株式会社み・らいとコンサルティング

  5. ふくしまファン21ロゴフッター

    保護中: 準備中

  6. トーニチ株式会社1

    トーニチ株式会社

  7. つばめグループ(株式会社中原商事)

    つばめグループ(株式会社中原商事)

  8. 福島製鋼株式会社

    福島製鋼株式会社

  9. 株式会社ダイユーエイト